aga治療の現在のやり方と注意点|福岡でAGAでお悩みのあなたに【福岡AGAガイド】

aga治療の現在のやり方と注意点

agaは男性型脱毛症のことで、成人男性のよく見られる髪の毛が、薄くなる状態をいいます。思春期以降の額の生え際や頭頂部の髪がどちらかか、または両方から薄くなってゆく現象の事です。一般的に遺伝や男性ホルモンの影響と言われています。この診断に関しては、専門病院で、遺伝子検査も行って判定されます。

日本皮膚科学会のるaga治療のガイドライン

aga治療に関しては、様々な治療法が宣伝されていますが、日本皮膚科学会では、最も信頼できるデータに基づいて、aga治療を5段階に分けて推奨しています。このガイドラインは、A、B、C1、C2、Dとわかれており、最も効果のある治療法がA判定、進められない治療がD判定です。しかし、個人差がありますので、これも一つの目安と考えるべきでしょう。A判定の治療は、ミノキシジルの外用とフィナステリドの内服です。脱毛予防に関する効果はミノキシジルとフィナステリドでは違いますので、できれば、この二つの方法を併用するのが一番良い方法です。B判定は自毛植毛であり、C1判定は市販の育毛剤や行く毛シャンプーを使い方法です。C2判定は、セファランチン外用です。D判定は人工植毛と女性のフィナステリド服用です。

ミノキシジルとフィナステリドの特徴

男性型脱毛が起きる原因は、男性ホルモンのテストステロンが、5α還元酵素によってジヒドロテストステロン(DHT)に変換され、このDHTが皮脂腺の受容体と結びつき、過剰な皮脂を分泌させ、毛穴を塞いでagaを誘発します。最初治療を始める前は、正確な診断を専門医にしてもらっておく事が大切です。フィナステリドは、本来は脱毛予防の薬ですが、半年使用で48%人に効果があり、1年使用で58%2年使用で68%3年で78%に発毛効果が見られ、脱毛予防効果があった人は98%です。ただ、一度使い始めて途中でしようをやめると、再び5α還元酵素の活性が出て来て、脱毛が進行しますので、一生使い続けなければなりません。

ミノキシジルの効果の現れ方と使用の注意点

ミノキシジルは、血圧降下剤として発売されましたが、臨床検査中に、発毛効果のある事が分かり、発毛剤として発売されました。効果は、毛乳頭細胞の活性化や毛母細胞の活性化と言われていますが、詳しい事は割っていません。使用法は外用薬として朝晩1mlづつ塗布する方法で使われます。ミノキシジルは、医薬品個人輸入の形で内服薬を手に入れることができますが、国内では未認可であり、本来血圧降下剤なので、副作用の心配もあり注意が必要です。ミノキシジルの外用薬は、第1類の医薬品として街の薬局やドラッグストアで発売されています。日本では1999年から、発売され、2005年には女性用も発売され、5%液が2009年には発売されています。

まとめ

薄毛治療の今後はiPS細胞の利用でしょう。いPS細胞を使用して部分的に毛根を作りだすことに成功したと言う研究論文もあります。薄毛の治療に関しては、その診断によりますと、遺伝子的に個人差が大きく、一度始めると一生治療を続ける必要がありますので、「治療をして将来、どのようになりたいか」を治療前にイメージしておくことが大切です。

オススメ記事

銀座総合美容クリニック

銀座総合美容クリニックで1番の強みといえば「AGAだけを専門に治療している」というところでしょう。しつこいセールスや高額治療の勧誘はほぼありません。専門治療をしていただけに実績があり安心して任せられることも選ばれるポイントでしょう。

メンズヘルスクリニック東京

メンズヘルスクリニック東京の強みは、経済の中心地でもある東京駅に立地していることです。治療面でも大学病院や研究機関と連携しており、外見(頭皮治療など)内面(男性更年期など)の両面から男性の健康を医療面からサポートしてくれます。