agaの治療薬にジェネリック製品を使うことについて|福岡でAGAでお悩みのあなたに【福岡AGAガイド】

agaの治療薬にジェネリック製品を使うことについて

agaは成人男性に多い脱毛症で、これを専門にしたクリニックもありますが、自由診療のため長期間治療を行うとかなり費用がかかります。これに対して、ジェネリック製品を使えば薬代を安く抑えることが可能です。ここでは、agaの治療薬とジェネリック製品について書いていくつもりです。

agaの原因とその治療法について

agaは男性型脱毛症のとで、遺伝と男性ホルモンの影響が大きいと言われています。男性ホルモンであるテストステロンは生命活動に重要なものですが、これが5αリダクターゼという酵素と結びつくとDHT(ジビドロテストステロン)に変化し、毛母細胞の血流を低下させて髪の成長を阻害することになります。この結果、太くなるまで成長しない髪が抜け続けるようになって、薄毛を引き起こします。男性の脱毛では、このagaが非常に多いのですが、この場合は生活改善や育毛剤だけでは治りにくく、治療薬を呑むことが必要となってきます。

agaの治療薬にはこんなものがあります。

agaの治療薬としては、プロペシアという内服薬とミノキシジルという外用薬の二つが挙げられます。プロペシアはその中の成分であるフィナステリドによってDHTの働きを抑制する効果があるので、これによって薄毛を防ぎ、さらにミノキシジルで頭皮の血行を良くして毛母細胞を活性化し、発毛を促すことが可能になります。これらの薬は病院での治療薬としても良く使われるもので治療効果もあると言われていますが、この場合は自由診療なので費用がかかることになり、長く使用する場合は海外からの安い値段の薬に切り替えて使う人も多いと言われています。

aga治療でのジェネリック製品について

ジェネリックとは、特許が満了して他社も作成が可能となった医薬品のことで、有効成分や安全性が新薬と同等と認められた上に低価格で購入が可能となったもので、「後発医薬品」とも呼ばれます。そして、プロペシアも特許が満了となったため、日本でも複数のメーカーからジェネリック医薬品の形で販売されています。プロペシアは一般的に効果が現れるのが6カ月以上と言われている薬なので、ジェネリックを使えば費用の節約になりますし、現在ではクリニックでも使用されています。ただ、プロペシアの場合は、未成年の使用は禁止されており、女性も服用してはならないなど、いくつかの注意事項があるのでそれらを十分に把握した上で飲むようにすることが大切です。

まとめ

agaの治療薬としてジェネリックを使うことは、費用を安くするという点では大きな利点ですし、現在では日本の企業でも販売され、病院でも使用されているので、注意点を把握した上で上手に活用することをお勧めします。

オススメ記事

銀座総合美容クリニック

銀座総合美容クリニックで1番の強みといえば「AGAだけを専門に治療している」というところでしょう。しつこいセールスや高額治療の勧誘はほぼありません。専門治療をしていただけに実績があり安心して任せられることも選ばれるポイントでしょう。

メンズヘルスクリニック東京

メンズヘルスクリニック東京の強みは、経済の中心地でもある東京駅に立地していることです。治療面でも大学病院や研究機関と連携しており、外見(頭皮治療など)内面(男性更年期など)の両面から男性の健康を医療面からサポートしてくれます。