毛根が生きているときと死んでいるとき【AGA福岡ガイド】

毛根が生きているときと死んでいるとき

薄毛の状態のとき、毛根が生きているときと死んでいるときでは対応方法が異なります。生きているときは薬によって復活させる治療があり、死んでいるときは移植をする治療を用います。医師に診断してもらうことができます。

育毛をするための薬を頭皮から与える

髪の毛は、抜けては生えを繰り返します。しかし、薄毛の状態になるとそのサイクルが異常になります。まだ生えきっていないのに抜けてしまうこともあります。毛根の生える力が衰えていると、なかなか生えにくいこともあるようです。agaの治療としては、育毛を促進するための薬を利用することがあります。主に頭皮に塗って効果を得るための薬になります。人によって症状が異なるため、症状に合わせた薬の配合が行われます。市販のものだと配合は共通になりますが、病院で処方してもらうときには状態に合わせてくれるので、より効果的な育毛が期待できます。

男性ホルモンの抑制に関わる飲み薬を利用

男性には男性ホルモンが多いことは知られています。女性ホルモンもあり、バランスが適度に保たれていれば見た目の異常なども発生しません。しかし、そのバランスが崩れることで見た目にいじょうが出てくることがあります。その一つに男性が良く起こる脱毛があります。老化の一つとも言われていますが、若い人でも起こります。agaの治療としては、男性ホルモンを抑制する飲み薬を利用する方法があります。クリニックで診断を受け、男性ホルモンのバランスに異常がある場合、その活動を抑える薬を利用します。男性ホルモンが薄毛を促進する作用を軽減します。

全く毛根が活動しないときでも可能性はある

頭皮の状態は、髪の毛がある、髪の毛がまばらにある、髪の毛が全くないなどがあります。まばらにある状態だと、毛根はそれなりに活動をしています。ですから、活発にすることで、またある状態にすることができます。しかし、まったくない状態の場合、毛根が死んでいることがあり、薬などをつかっても生えてきません。この時のagaの治療方法としては、植毛があります。人工的な毛を植毛するほか、最近では自分の毛根を植毛する方法が知られています。前頭部に毛がなく後頭部にある場合、後頭部から毛根を移植することで薄毛を解消できる場合があります。

まとめ

男性の薄毛の原因としては、男性ホルモンが影響しているとされています。薄い状態であれば、飲み薬を利用して薄毛をストップし、塗り薬で育毛をする治療が行われます。病院だと、その人に合った薬を配合してもらえます。

オススメ記事

銀座総合美容クリニック

銀座総合美容クリニックで1番の強みといえば「AGAだけを専門に治療している」というところでしょう。しつこいセールスや高額治療の勧誘はほぼありません。専門治療をしていただけに実績があり安心して任せられることも選ばれるポイントでしょう。

メンズヘルスクリニック東京

メンズヘルスクリニック東京の強みは、経済の中心地でもある東京駅に立地していることです。治療面でも大学病院や研究機関と連携しており、外見(頭皮治療など)内面(男性更年期など)の両面から男性の健康を医療面からサポートしてくれます。