現在の状況や総額などから選んでいく|【AGA福岡ガイド】

現在の状況や総額などから選んでいく

agaの治療として、薬を用いるものと、手術によって植毛をする方法があります。クリニックによって費用は異なりますが、多くのクリニックでは大まかな金額を提示してくれています。総額などから検討することになるでしょう。

病気とされるが健康保険の適用はされない

病院で治療を受けるとき、健康保険の適用がある場合とない場合があります。病気のちりょうがメインになると適用となりますが、美容などが目的になると適用されなくなります。歯科などでは、銀歯だと適用になりますが、白いタイプだと適用外になるなどがあります。agaは、男性ホルモンの異常が原因の病気としての認識があります。しかし、健康保険としては、老化を直す美容的な目的が強いとされています。そのため、費用においては健康保険の適用はありません。全額自費負担しなければならず、高額療養費なども受けられません。クリニックによってそれぞれ金額は異なります。

初診料に加えて薬の費用が掛かる

agaの治療で一般的なのは、投薬で行う方法です。それぞれの患者の状況を初診で確認し、それに基づいた薬を処方して飲み続けてもらいます。定期的に診察をして、その経過を見て薬の内容を変えることもあります。費用としては、初診料とその後の薬代金が主になります。初診費に関しては、各クリニックで差があります。数千円から数万円の所もあります。独自の検査などを行うところは高くなります。薬もその人によって異なり、1箇月1万円程度から数万円程度になることもあります。3箇月単位で利用していくことになり、治療が長くなればそれだけお金もかかります。

自毛植毛の場合にどれくらいの費用が掛かるか

agaの治療として、薬を用いるもののほかに自毛植毛を行うものがあります。抜けにくい毛根を抜けやすいところに植毛することで、髪の毛を維持しようとします。全く毛が無くなった人でも、後頭部などに毛が残っていればそちらから植毛してもらうことができます。では費用がどれくらいかかるかです。作業自体は1グラフと呼ばれる単位で行われます。料金は、100グラフトで30万ぐらい、1000グラフトになると100万を超えることもあります。植毛するところが増えればそれだけ高くなります。手術方法にも違いがあり、切る方法と切らない方法があります。

まとめ

agaは病気とされていますが、健康保険の適用がない全額自費診療になります。費用は、薬で行うものと自毛植毛を行うものとでは少し差があります。薬は継続的な治療が必要ですが、自毛植毛は、植毛が終われば後はそれほどかかりません。

オススメ記事

銀座総合美容クリニック

銀座総合美容クリニックで1番の強みといえば「AGAだけを専門に治療している」というところでしょう。しつこいセールスや高額治療の勧誘はほぼありません。専門治療をしていただけに実績があり安心して任せられることも選ばれるポイントでしょう。

メンズヘルスクリニック東京

メンズヘルスクリニック東京の強みは、経済の中心地でもある東京駅に立地していることです。治療面でも大学病院や研究機関と連携しており、外見(頭皮治療など)内面(男性更年期など)の両面から男性の健康を医療面からサポートしてくれます。